早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  ドプラ血流の臨床応用 > 狭窄および閉塞病変の血流診断 > 内頸動脈遠位部閉塞の血流評価

狭窄および閉塞病変の血流診断 <内頸動脈遠位部閉塞の血流評価>

総頸動脈のED ratioが1.4以上の場合は内頸動脈遠位部での閉塞が疑われる.さらに,ED ratioが4.0以下で同側の内頸動脈血流の拡張期血流成分が記録された場合は後交通動脈分岐後の閉塞が,また,ED ratioが4.0以上で拡張期血流成分が記録されなかった場合は後交通動脈分岐前の閉塞が疑われます.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading