早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  ドプラ血流の臨床応用 > 狭窄および閉塞病変の血流診断 > 狭窄病変の評価方法

狭窄および閉塞病変の血流診断 <狭窄病変の評価方法>

2D断層像にて狭窄部の画像が得がたい症例では,カラードプラ血流表示により狭窄率を求めます.しかし,カラードプラ法ではブルーミングによる狭窄率の過小評価などの問題点があり,また,狭窄病変の石灰化や劣悪な画像条件によりカラードプラによる狭窄率の定量化も困難な症例も経験します.その際は,狭窄部やその前後のパルスドプラ血流波形を記録し,血流波形のパターン解析などを用いた定性評価による狭窄率の推定が有効です.
狭窄部では,狭窄部の中枢側や同部位での対側と比較し,明らかな血流速度の上昇を認め,狭窄部直後に両方向性の乱流波形が記録された場合は有意狭窄が強く疑われる.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading