早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  パルスドプラ血流検査 > パルスドプラ血流波形の解析 > PIとRI

パルスドプラ血流波形の解析 <PIとRI>

●拍動係数(PI):収縮期最大速度(PSV)と拡張末期血流速度(EDV)の差を時間平均最大血流速度(TAMV)で除した値で,自動トレース機能が使えない場合は計測に時間を要するが,末梢血管抵抗を評価する指標としてRI値に比べ情報量が多く有効な指標とされている.
●抵抗係数(RI):収縮期最大速度(PSV)と拡張末期血流速度(EDV)の差を収縮期最大速度(PSV)で除した値で,簡便に求めることが可能であるが,拡張末期の血流速度が検出されない症例は全てRI値が“1.0”となる.また,PIと同様に角度補正を必要としない.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading