早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  パルスドプラ血流検査 > パルスドプラ血流波形の解析 > 血流波形のパターン解析

パルスドプラ血流波形の解析 <血流波形のパターン解析>

血流波形のパターン解析は,サンプリングポイントの血流評価だけでなく,中枢側または末梢側での血管病変の推定なども可能です.その際は,頸動脈は領域により血流波形が変化するため,特に同一部位での左右差による評価が重要となります.
閉塞病変では,閉塞部より中枢側の血流波形を記録しパターン解析することで閉塞病変の部位を推定することが可能です.また,狭窄病変では,病変部の末梢側の血流波形のパターンを解析することにより狭窄病変の重症度を推定することが可能です.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading