早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  パルスドプラ血流検査 > 血流波形の記録部位 > 内頸動脈血流

血流波形の記録部位 <内頸動脈血流>

内頸動脈は,頸動脈球部から連続して起始部が瘤状に拡張しているが,徐々に細くなり2〜3cm末梢側から一定の血管径となり頭蓋骨底の頸動脈管に向かい走行します.また,内頸動脈は総頸動脈と同様に頭蓋外では分枝血管を持たないが,健常者でも起始部付近と頭蓋内入行部付近で軽度の湾曲走行を示す.特に高齢者では,起始部側で内側後方に急激に湾曲走行する症例があるので注意が必要です.内頸動脈血流波形のサンプルポイントとしては,分岐直後で瘤状の拡張を示す領域を避け,血管径が一定な領域で長軸断層像が広範囲に記録できる部位に設定します.また,,血管の蛇行部位を避け,ドプラ入射角補正が最小となる領域が好条件となります.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading