早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > 血流の観察と記録 > 椎骨動脈のアプローチ

血流の観察と記録 <椎骨動脈のアプローチ>

椎骨動脈は総頸動脈に比べ深部を走行しているため,図上段のように2D断層法ではプラークや狭窄など動脈硬化性病変の検出がやや困難です.そのため,スクリーニング検査においても図下段のようにカラードプラ法による観察が中心となります.ただし,アプローチ方法や画像条件などを誤ると,容易に血流表示の欠損像が観察され,動脈硬化性病変との鑑別を必要とします.そのため,アプローチは勿論のこと,カラードプラゲイン,流速レンジ,カラーロイの設定など画像調整を的確に行って観察することが重要となります.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading