早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > 血流の観察と記録 > 内頸動脈のアプローチ

血流の観察と記録 <内頸動脈のアプローチ>

2D断層法での内頸動脈の観察は,多くの症例が起始部より3cm前後が観察範囲の限界です.それより末梢側は,深部を走行し超音波の入射角度も不良で,血管の走行は確認できるが病変部の検索は2D断層法では困難です.このよう症例では,カラードプラ断層法が有効で,カラードプラのゲインや流速レンジを調整しながら観察すると,サイズの限界はあるが大きなプラークや狭窄病変の検出が可能です.また,図左のように低周波数のプローブ(腹部用コンベックスや心臓用セクタ型プローブ)を用いると,さらに末梢の頭蓋内入行部付近まで血流の観察が可能で,図右のように内頸動脈の走行異常(蛇行,屈曲など)も容易に検出可能です.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading