早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > 血流の観察と記録 > 頸動脈球部のアプローチ

血流の観察と記録 <頸動脈球部のアプローチ>

頸動脈球部は動脈硬化性病変の多発部位であるが,瘤状の形態を示すためサイドローブなどのアーチファクトが多く,2D断層像ではIMCの肥厚およびプラーク病変の検出が困難な症例を多く経験します.そのため,2D断層法で病変の検索を行った後に,カラードプラ断層法で血流表示の欠損像の有無を観察し病変の有無を再検索することをお勧めします.観察のポイントは,流速レンジを下げて,カラーロイを調節してフレームレートを上げます.また,プローブを固定して血管拍動に注意します.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading