早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > 血流の観察と記録 > 総頸動脈短軸のアプローチ

血流の観察と記録 <総頸動脈短軸のアプローチ>

総頸動脈短軸カラードプラ断層像は,2D断層像での病変部検索の際に良好な画像が得られない場合や,病変部とアーチファクトとの鑑別が困難な場合に用いるアプローチです.
病変部の検索目的で短軸のスキャン操作を行う場合は,2D断層像に比べフレームレートが低下するので,スキャン操作をゆっくりと行うことが重要です.また,2D断層法は血管に直交する断面が基本ですが,カラードプラ断層法ではスキャン時に少しプローブを傾斜させ(図右上),ドプラ入射角を少しでも改善させてアプローチします.特に,血管壁付近の低流速血流を描出するには,パワードプラ法(図左下)や新技術による血流表示法(図右下)が有効です.
プラークなど病変部の詳細な観察(表面の形態など)を行う場合は,スキャン操作を止めてプローブを固定し,血管拍動による血流変化を確認しながら多方向からアプローチして詳細に観察します.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading