早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > 血流の観察と記録 > 総頸動脈長軸のアプローチ

血流の観察と記録 <総頸動脈長軸のアプローチ>

総頸動脈は深度2cm前後で表在とほぼ平行に走行する表在血管で,良好なカラードプラ血流像を得るにはドプラ入射角度が問題となります.アプローチの基本は,2D断層法とは反対に,血流方向とドプラビームがなす角度(ドプラ入射角)が可能な範囲で小さくなるようにプローブ操作することがポイントとなります.
プローブの操作方法は,先ず血管長軸断層像を描出し,次に血管の両端が体表面に近いプローブ端を圧迫し,反対に体表面から遠いプローブ端の圧迫を緩めることで,体表面に対して血管長軸断面を可能な限り傾斜をつけて描出し,ドプラ入射角補正を最小限に設定できるようにします.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading