早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  ドプラ血流検査法 > ドプラ法の分類 > パワードプラ法の利点

ドプラ法の分類 <パワードプラ法の利点>

頸動脈領域のカラードプラ法は流速表示モードが用いられているが,低流速の血流検出感度の点でノイズとの鑑別に苦慮することがあります.その際は,ドプラシフトを平均流速で表示するカラードプラとは異なり,信号強度を表示するパワードプラ法(PDI:Power Doppler Imaging)が有効です.パワードプラ法の利点は,低速血流や超音波ビームの入射角が大きい血流でも高感度に表示できることです.以前は血流方向が表示できない欠点もあったが,最近の装置では血流方向の表示も可能となり,頸動脈エコーでのカラードプラ血流表示法としてルーチン検査に多く用いられています.また,"パワードプラ"は,メーカーによって"パワーフロー"や"カラーアンギオ"などと呼ばれています.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading