早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  ドプラ血流検査法 > ドプラ法の分類 > 連続波ドプラ法の制限

ドプラ法の分類 <連続波ドプラ法の制限>

連続波ドプラ法は,プローブの素子が送信用と受信用に分離され連続的に送受信されているため,理論上は血流速度の限界がなく狭窄病変など高流速の血流記録に有効です.また,他のドプラ法に比べ高感度で,S/N比にも優れ微弱な血流信号もとらえることが可能です.ただし,距離分解能をもたないため任意の部位での血流記録が不可能であり,特別なプローブを除き,一般にはセクタ型プローブのみ搭載されているため使用プローブの制限があります.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading