早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  プラークの評価 > Plaqueの形態分類 > 潰瘍形成の診断基準

Plaqueの形態分類 <潰瘍形成の診断基準>

ビデオの再生はこちら

潰瘍形成の診断基準に陥凹部の深さを用いる場合があるが,最近では超音波診断装置の高性能化に伴い,小さな陥凹を伴う潰瘍形成も多く検出されるようになった.そこで当研究会では,図左の2D断層像では潰瘍が検出されなくても、図右のように血流評価で血管短軸および長軸の両断面にて明らかな陥凹の形成を確認した場合は,陥凹のサイズに関係なく全て潰瘍形成(ulcer)と診断します.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading