早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  プラークの評価 > Plaqueの輝度分類 > IIIa型プラーク

Plaqueの輝度分類 <IIIa型プラーク>

Echolucent Plaque Homogeneous Type(IIIa型)は,エコー輝度が周囲のIMCと比較し明らかに低輝度でプラーク全体がほぼ均一な病変で,プラーク内出血や粥腫が疑われます.
以前は,血管腔のエコー輝度と同程度で2D断層像では検出が困難とされ,カラードプラで存在診断されるプラークとして分類されていましたが,最近の装置では,ほとんどの症例で2D断層像でのプラークの検出が可能です.ただし,アーチファクトとの鑑別には,カラードプラ法などを併用し詳細な観察が必要です.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading